1. ホーム
  2. ファッション
  3. レディースファッション
  4. バッグ
  5. キプリング 公式 ショルダーバッグ IZELLAH(Canyon Mist) イゼラー(キャニオンミスト) KI5034Q80 期間限定価格7/14まで
【GINGER掲載商品】 雑誌で紹介された キプリング 公式 ショルダーバッグ IZELLAH Canyon Mist イゼラー キャニオンミスト KI5034Q80 期間限定価格7 14まで syga.es syga.es

キプリング 公式 ショルダーバッグ IZELLAH(Canyon Mist) イゼラー(キャニオンミスト) KI5034Q80 期間限定価格7/14まで

2004円

キプリング 公式 ショルダーバッグ IZELLAH(Canyon Mist) イゼラー(キャニオンミスト) KI5034Q80 期間限定価格7/14まで





キプリング 公式 ショルダーバッグ IZELLAH(Canyon Mist) イゼラー(キャニオンミスト) KI5034Q80 期間限定価格7/14まで

ボディピアス ピアス カスカナル 手 パール 大人カジュアル 大ぶりピアス ハンド 幸せ ネコポスOK
Amazon カスタマー 4
肌が弱いため綿の割合が高いものを探しててこの商品にたどりつきました普段から綿の割合が高いものを着用していますがいつも同じ丈の物を着ていると縫い目の辺りがチクチクするためロングボクサーを試しに綿95%で生地部分は肌当たりも良く期待通り157cm54kgでMサイズを購入しましたが個人的には良い誤算で腿も腰もちょうど良い締め付け普段どおりMの人がMを買うと締め付け強く感じるかもです

ハリネズミさんのストール[827] / スカーフ ショール 巻物 首巻き ネックレス パール Y字 レディース アクセサリー パーティ 結婚式 デート デイリー 上品 大人可愛い 女性 上品 入学式 ママアクセ ギフト ゆうパケ送料無料 リゲッタ Re:getA R-19001 パンプス(5cmヒール) フォーマル 入学式 卒業式 就活 履きやすい 歩きやすい 新生活 母の日 ショルダー ストラップ のみ 通販 紐 幅 20mm 替え PUレザー ショルダー紐 ショルダーベルト 単品 バッグ 付け替え おしゃれ かわいい 斜め掛け 肩掛け セキセイ ラポルタ ハイグレードバッグ 2wayクラッチポーチ S LA-8757【メール便OK】
シャツ レディース カジュアル シフォン ブラウス 春 夏 前開き Vネック フレア袖 OL 韓国風 おしゃれ フリル 通勤 レース 大人 着痩せ
のんびりびり正座でびりびり 4
非常に抜けやすいです

バッグインバッグ リュック ナイロン 軽い 女性 おしゃれ かわいい tシャツ Tシャツ マルチキノウTシャツ2 281385 甚平 レデイース 綿 ローグパンツ チェック柄 部屋着 温泉 母の日 マドラス madras MODELLO VITA VT5595 モデロ ヴィータ 日本製 本革 ビジネスシューズ タッセルローファー 撥水 革靴 紳士靴 ブラック 中古 バンダナ 90s 花 ペイズリー柄 コットン 赤 レッド 22mar23
"tomato 4
クルーネックの涼しいTシャツで、作業着やカッターシャツの下に着るのにすごくよい。写真ほどぴったりな着心地ではなく、わりとゆとりの感じがあってらくちん。首回りもすっきりして清潔感。よい。いうまでもなく単品で着ると乳首おじさんになる。"

メンズ レギンス 10分丈 前閉じ M・L (着圧 メンズタイツ スパッツ 引き締め インナー) (在庫限り)
シャトー ド ブルイユ 15年 Chateau du Breuil 15 Ans d#039;Age フランス カルヴァドス ブランデー EDWIN / エドウィン 503X03 503ZERO ゼロ デニムパンツ
たか 2
もっとラフな感じかと思ってたら意外にタイト。これはモデルさんの着こなしが上手でした。

ホカ(HOKA) ランニングシューズ マッハ 4 1113528-BGEPR ジョギングシューズ (メンズ)
石井 5
もしもの時の為に、かばんの中に入れておこうと思い購入。開けてびっくり。なんか変なにおいがする。くさい。とりあえず装着。左右の長さが同じでなく調整されてなかった。変なにおいして左右の長さが違うってことは、もしかして中古か?誰かがつけて片方の長さを調整して外した。体のにおいがサスペンダーについた。返品。そんな流れか?

PENELOPE ペネローペ 靴 シューズ PN-69180 ブラック 雪道対応 カジュアルシューズ ローファー 秋 冬 婦人 レディース エポ スター ボールチェーン ストラップ 雑貨 小物 アクセサリー f-ts13

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

三位一体の主日



2月13日に南相馬市で震度6弱を観測した地震で、壁が壊れてしまった教会のトイレ。
やっと修繕・改装工事が終わり、きれいになりました。
三位一体とは関係ありませんが・・・

●三位一体の主日(祭)
 聖書箇所:申命記4・32-34, 39-40/ローマ8・14-17/マタイ28・16-20
            2021.5.30非公開のミサにて
 ミサのはじめに
 福島県では一時、コロナ病床使用率が90%を超え、重症病床使用率も50%を超えていました。その状況が改善されてステージ4からスタージ3まで戻り、5月末で県独自の非常事態宣言が解除されることになりました。福島県民の勝利です。わたしたちもミサを犠牲にして、それに協力してきました。そして来週からは皆でミサを祝える。この恵みに感謝し、全世界のコロナ・パンデミックの終息のために祈りましょう。そして今もこの感染症で苦しんでいる方々、その方々を支えている医療従事者や家族・友人、仕事を失い、経済的に追い詰められている方々のために祈りましょう。

 ホミリア
 公開ミサの再開を前に、改めて「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」を読み返してみたら「説教は短く」となっていました。今日は短くするつもりです。
 さて、マタイ福音書の結びにあたる今日の箇所に「父と子と聖霊のみ名によって」という言葉があります。もともと洗礼式のときの言葉で、ギリシア語は「父と子と聖霊のみ名の中へ(沈める)」という表現。これがラテン語になると「父と子と聖霊のみ名のうちに」という言い方になって、祈りのたびに唱える言葉になりました。
 今は「父と子と聖霊のみ名によって。アーメン」と言いますが、昔は「父と子と聖霊『と』のみ名によって。アーメン」と言っていました。お祈りのときに十字架のしるしをしながら、そう唱えるんだと教えられた、ある子どもは「父と子と聖霊とミナによって」だと思っていたそうです。「父、子、聖霊、ミナ」だと「額、胴体、左肩、右肩」の4つとピッタリ合いますね(本来、動作と言葉は別のもので、額が父、胴体が子っていうわけじゃないのですが)。その子の考えはこうでした。「父も子も聖霊も神様のこと、そして『ミナ』はわたしたちみんなのこと。神さまとみんなのことを思ってお祈りするっていう意味だよ」
 とんでもない勘違いですが、なんか素敵な勘違いだとも思っています。

今日のミサの集会祈願には「聖なる父よ、あなたは、みことばと聖霊を世に遣わし、神のいのちの神秘を示してくださいました。」という言葉があります。ラテン語原文は、“Deus Pater, qui, Verbum veritátis et Spíritum sanctificatiónis mittens in mundum, admirábile mystérium tuum homínibus declárasti,” 直訳すると、「神である父よ、あなたは真理のことばと聖化する霊を世に送り、あなたの驚くべき神秘を人間に明らかに示してくださいました」となります。
 神ご自身の神秘は、みことばであるイエス・キリストの生涯、十字架の死と復活、そして聖霊降臨の出来事を通して人間に示された、ということです。だから、四旬節・復活節が終わった今、そのこと全体を振り返って祝う。これが「三位一体の祭日」の意味です。三位一体というのは、わたしたちと関係ない、神様の内部のことではなく、神様が人間に関わってくださったということからわたしたち人間が知るようになった神様のあり方なのです。そう考えれば、あの子どもが考えたように、どこかで、わたしたち「みんな」が入っているのもいいのではないか。

 イエスの生涯・死と復活をとおして示されたものは何か?
 それは神が愛であり、その愛ゆえに、神はひとり子を人々の救いのために与え尽くされたということ。神のひとり子は人類の一員となられ、わたしたちの弱さや苦しみをとことん共にしてくださったということ。人々の救いのためにご自分のすべてを与え尽くされたイエスは父である神と一つであり、完全に父と一致しているということ。
 聖霊降臨をとおして示されたことは何か?
 わたしたちが、イエスに結ばれて、神を「アッバ」と呼ぶことができるようになり(ローマ8・15、きょうの第二朗読)、互いを兄弟姉妹と呼ぶことができるようになったこと。「霊の実」としての愛、「聖霊のたまもの(カリスマ)」の「最高の道」(Iコリンと12・31)として愛がわたしたちに与えられたこと。神の愛・イエスの愛に応えて、わたしたちが互いに愛し合うことのできるものになったこと。

 神は道を見失ってさまよい、疲れ果て、しゃがみ込んだり倒れ込んだりしている人間をほうっておくことができず、みことばであるイエスと聖霊を世に遣わされたのです。「父と子と聖霊」とは、人間と関わろうとされた神の姿なのです。
 その神はイエスをとおして永遠にわたしたちと共にいてくださる。
 その神は聖霊をとおして永遠にわたしたちのうちに住まい、わたしたちを神ご自身と結びつけ、そしてすべての人を兄弟姉妹と結んでくださる。
 その神に向かって、その神の救いのわざを思い起こし、その神の愛に信頼して祈るわたしたちの心の姿勢を整えるための言葉が「父と子と聖霊のみ名によって」という言葉です。今日、改めて、この言葉をしっかりと味わうことができればと思いました。
 父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。





公開ミサ再開のお知らせ

カーゴパンツ メンズ レディース ワークパンツ ミリタリーパンツ MOLECULE 45019 大きいサイズ だぼパン ストリート B系 スケートボード

福島県では、5月14日(金)から31日(月)まで、県独自の新型コロナ非常事態宣言が出され、医療提供態勢のひっ迫を理由に、県民への不要不急の外出自粛要請が出されていました。この呼びかけに応え、カトリック原町教会では、医療といのちを守るため、公開のミサ(具体的には日曜10時のミサ)を中止してきました。

本日、県知事から、予定通り5月31日をもって、非常事態宣言を解除するというメッセージが出されました。多くの県民の協力により、病床使用率がステージ4を脱し、改善方向に向かっていると判断されたためです。
そのため、カトリック原町教会でも6月1日(火)から公開ミサを再開することにいたします。
日曜日について言えば、6月6日(日)キリストの聖体の祭日から、通常通りの10時のミサが再開されます。
引き続き当分の間、日曜日には7時と10時の2回ミサが行われますので、密集を避けるために、可能な方は7時のミサにご参加ください。よろしくお願い申し上げます。



聖霊降臨の主日



福島県独自の新型コロナ非常事態宣言のため、公開ミサを中止しています。
5月17日(月)の夕方、教会に虹がかかりました。この虹のように、天と地、神と人、人と人とが結ばれますように。

●聖霊降臨の主日(祭)
 聖書箇所:使徒言行録2・1-11/ガラテヤ5・16-25/ヨハネ15・26-27, 16・12-15
            2021.5.23非公開のミサにて
 ミサのはじめに
 今日祝うペンテコステの出来事はエルサレムで起きました。わたしたちが「聖地」と呼んでいるイスラエル・パレスチナで多くの血が流され、多くのいのちが奪われました。停戦合意はできましたが、根本にある問題が解決されなければ、本当の平和は築けません。根本にある問題の一つは明らかにイスラエルによる不当な土地の占領とパレスチナ人への抑圧です。イスラエル・パレスチナ両者が互いの存在と人権を認め、共に生きる世界を目指していかなければ、永遠に殺し合いはなくなりません。奪われた多くのいのちを悼み、本当の平和に向かって歩むことができますよう、すべての人の心に聖霊が働きかけてくださるように、心から祈りましょう。

 ホミリア
 司教になるまでは、堅信の秘跡を受ける子どもたちの準備講座をたくさんしていました。たいていは中学生以上ですが、小学校高学年の場合もありました。何回かかけて行なう勉強会の最初はいつも「目に見えないものってどんなものがありますか」という問いかけから始めました。「空気、風、心、神様、温度、音、声・・・」子どもたちが考えたものの名前をホワイトボードに書いていきます。出てきたものを眺めてみると、全部がとても大切なものであることが分かります。そう、普段は目に見えるもののことが考えることが多いかもしれんないけれど、本当は目に見えない大切なものがある。それについて考えるのが堅信の秘跡の勉強会だよって、いうところから始まりました。
 そして、目に見えない神さまのこと。2000年前に実際の人間として生き、目に見えない神さまを目に見える形で示してくださったイエスのこと。だからイエスは目に見えない神に出会うための目に見える「しるし」だと言える。復活して、天に上げられ、今は目に見えないイエス様の目に見える「しるし」として教会があり、秘跡がある。秘跡は目に見えない神の恵みの、目に見える「しるし」だと言われる。洗礼も聖体もそう。そして堅信も秘跡の一つ。堅信の秘跡の目に見えない恵みは、教会の大人のメンバーになり、わたしたちが「しるし」である教会の使命に参加すること。それを助けるために聖霊という神の力が注がれる。2000年前のペンテコステの日に、使徒たちが聖霊をいただいて教会の活動を始めたように、わたしたちも聖霊に支えられて歩み始める。堅信の秘跡では、聖霊の目に見えるしるしが「按手と塗油」。まあこんなカテケージスをしてきました。

 でもふと、今なら無理だなぁ、と思ってしまいました。「目に見えないもの」ってなんでしょう。今の子どもたちだったら、まず「ウイルス」って言うんじゃないか。「放射能」という子どももいるかもしれない。目に見えないけれど、人に害を与えるもの。そっちのほうを切実に感じているかもしれない。目に見えない大きな力に生かされ、支えられ、守られている、そう感じられていたらいいのですが、逆に目に見えない大きな力に脅かされている、という感覚を持っているとしたら、どれほど不安なことでしょうか?でも、それがわたしたちの現実なのかもしれません。
目に見えないもの、そう言っても、良いものもあれば悪いものもある。「悪意、敵意、憎しみ、利己心、歪んだ欲望」全部目に見えないものですね。
 「霊(ルーアッハ、プネウマ)」というのは目に見えない大きな力ですが、「霊」だってすべてが良いものとは限りません。霊が神から来る良いものならば、それが「聖霊」です。聖霊の働きは今日の第一朗読にあるように、言葉や人種・民族の違いを越えて、人と人とを結びつける力です。国を守るとか、自分たちを守るためと言って始める戦争はすべて、ただの人殺しです。それは神のわざではなく、人間のわざです。聖霊の働きではなく、人間の悪い心の結果です。聖霊は人と人とを結び合わせ、平和を生み出す力なのです。この聖霊の働きは大切です。

 今日の福音には「真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」という言葉がありました。聖霊の力でテストの点数が100点になるということではありません。「真理であるイエス」のことを本当に深く知り、わたしたちをイエスに結びつけてくださるということです。これも本当に大切な聖霊の働きです。
 第二朗読でパウロは、「霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です」と言います。それは単に徳目を列挙したものではありません。それはもともとイエスご自身の生き方であり、わたしたちは聖霊によってそれに与るのです。
 今日の福音は、最後の晩餐の席でイエスが聖霊を与える約束をする箇所ですが、その約束は、ヨハネ福音書の中では、復活の日の夕方実現することになります。弟子たちが集まっているところに姿を現したイエスは言います。
 「『あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。』そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。『聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。』」(ヨハネ20・21-23)
 イエスの使命の中心にゆるしがありました。その使命を弟子たちが受け継ぐことになります。

 人の心や体を傷つけること、平和と人権を踏みにじるような行いをゆるすことはできません。もし誰かがそれをしたとしたら、簡単になかったことにすることはできません。世の中にはゆるし難いことはたくさんあります。ゆるしてはいけないこともたくさんあります。悪いことをしたならば、きちんと非を認めさせ、責任を取らせなければならなりません。「ゆるし」とはその上で、どうしようもない罪を犯した人に、あるいは自分を傷つけた人に、「それでもあなたはいていい」ということです。
 イエスはそうされました。イエスの活動全体が人にゆるしをもたらすものでしたが、特に受難を前にして、イエスは自分を十字架につけた人々をゆるしました。そして、復活したイエスは自分を裏切って逃げた弟子たちをゆるしました。だからわたしたちも最終的に人をゆるしたいのです。あのイエスのゆるしに少しでも近づいていきたいのです。それが神のみこころだと信じるからです。そしてそれが真理であるイエスの生き方であると信じるからです。こんなこと人間業じゃとても無理です。だからこそ「聖霊来てください」と祈るのです。

 争いと敵意、競争と勝ち負け、嘘と裏切り、戦争と人権侵害、殺人と暴力の絶えないこの世界にあって、わたしたちが、今日、聖霊の恵みを豊かにいただき、霊の結ぶ実である「愛と喜びと平和」をもたらすものとなることができますように。アーメン。


主の昇天



カリタス畑のイチゴの初モノ。不揃いだけど、甘くて美味しいです。

今日からまた非公開ミサになってしまいました。
急だったので連絡が届かず、ベトナム人の若者が6人ミサの時間にやって来ました。
ごめんなさい。

●主の昇天(祭)
 聖書箇所:使徒言行録1・1-11/エフェソ4・1-13/マルコ16・15-20
            2021.5.16非公開ミサにて
 ホミリア
 わたしが若い頃の話です。司祭として働いていた教会に、一人の男子中学生が通って来ていました。外見はその年代にしてはちょっと大人っぽくて、ませているというより、不良っぽく見えてしまう子だったのかもしれません。彼は学校の友人である信者の男の子に誘われて教会に来たのですが、そのうち、その友人と一緒でなくても教会に来るようになりました。どうして中学生の男の子が喜んで教会に来ているのか、わたしにはちょっと不思議でした。珍しいですからね。
 間接的にですが、彼がある時、母親に言った言葉を聞きました。こう言ったそうです。
 「お母さん、教会っていうのは、すごいんだぜ。神父さんっていう人がいて、どんな子どもも同じように見て、同じように大切にしてくれるんだ」
 そんなの当たり前ですよね。でも彼にとっては当たり前ではなかったのでしょう。今まで、学校でもその他の場所でも、成績や外見、素行によって判断され、「お前はだめだ」と言われ続けていたのではないかと思います。
 「どんな子も同じように見ていてくれる」
 これがまさに彼にとって、福音だったのです。彼は何年かしてその教会で洗礼を受けました。
 今日の福音はマルコ福音書で、復活したイエスが弟子たちに現れ、弟子たちを派遣する場面です。
 「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。」
 「福音」ってなんだろう、って思い巡らしているうちに、あの男子中学生を思い出しました。

 イエスは二千年前のパレスチナで、「神の国の到来」の「福音」を告げました。それは「神が王となってくださる」というメッセージでした。先祖の時代から人々は人間の王(支配者)に虐げられて来ました。イエスの時代にはローマ皇帝がパレスチナを植民地として支配し、重税で人々を苦しめていました。その中でイエスは「神が王となって、あなたがたを、不正な支配者から解放してくださる」と語りました。それはまさに福音でした。神はあなたがたが苦しんでいるのを見て、知らん顔しているような方ではない。神は今まさにあなたがたを救おうとして、近づいて来てくださっている。それがイエスの「神の国の到来」のメッセージでした。
 別の言い方をすれば、イエスの福音とは「神がアッバであること」でした。「アッバ」はアラム語で子どもが父親を呼ぶ時の言葉です。「お父さん」とか「パパ」。イエスは親しみと信頼を込めて神にそう呼びかけましたし、弟子たちにもそう呼んでいいのだと教えてくださいました。「主の祈り」とはそういう祈りです。神に「アッバ、お父さん」と呼びかける祈りなんですね。
 イエスがその「アッバ」とはどういう方かを最もはっきり語った言葉は次の言葉です。
 「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる」(マタイ5章45節)
 これこそが当時、宗教的エリートたちによって蔑まれていた貧しい人々にとっての「福音」でした。アッバである神は天の高みから人間を見て、律法の基準で採点し、あの人は合格、あの人は不合格とレッテルを貼るような方ではない。貧しいからダメだ、障がいを持っているからダメだ、あんな職業だからダメだ、女だから子どもだからダメだ、異邦人だからダメだ、神はそんな見方をなさる方ではない。本当にすべての人を例外なく、ご自分の子どもとして、かけがえのない存在として見ていて、いつくしんでくださる方だ。これがイエスの伝えた福音でした。

 今、こうしている間にも、パレスチナでは多くの大人や子どもが殺されています。
 今、こうしている間にも、香港やミャンマーでは、多くの人が自由を奪われています。
 今、こうしている間にも、入管の収容施設で難民申請が認められずに、苦しんでいる難民がいます。
 今、こうしている間にも、コロナ禍のために経済的に追い詰められていく人々がいます。
 自分たちと違う国籍だから、違う人種・民族だから、違うグループだから、どうなっても構わない、なんていうとんでもない世界が広がっています。その中で、わたしたちはすべての人が同じ神の子であり、互いに兄弟姉妹だという福音をいただいているのです。
 「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい」

 一方ではわたしたちの中にも、やはり、自分はこんなに頑張っているのだから他の人たちと一緒にされたくない、というような思いもあるでしょう。自分はあの人たちとは違うとか、自分たちはあんな国・あんな民族とは違う、という思い。そしてやっぱり少しでも優位に立ちたい、競争に勝ちたい、というそんな思い。それはわたしたちの中にもありますし、そういう面をすべて否定することはできないと思います。でも、それでも、競争や勝ち負けの世界がすべてではないし、そうなってはならないのです。

 どんなに違いがあっても、神はすべての人を同じように愛してくださっている。根本のところで、すべての人は神の前に平等。一人一人に例外なく、かけがえのない神の子としての尊厳がある・・・この福音が「全世界」の、「すべての造られたもの」に届きますように、そしてわたしたち一人一人がその福音を運ぶ器となることができますように、今日、心から祈りたいと思います。
 

公開ミサ中止のお知らせ



聖堂のお花は新しくなっていますが、明日からまた公開ミサ中止になりました。
以下、そのお知らせの手紙です。

               2021年5月15日
               カトリック原町教会
               担当司祭 幸田和生

    会衆の参加するミサの中止について

 カトリック原町教会信徒の皆さま
 いつも教会の活動にご理解・ご協力ありがとうございます。
 原町教会では今年1月17日から2月14日までの「福島県新型コロナウイルス緊急対策期間」にあたり、公開のミサを中止しました。その期間が終わった後は、きめ細かい感染対策を施した上で、幸いにも主日のミサを継続することができてきました。しかし今また、この感染症の急激な拡大が起こり、福島県は昨日、県独自の「福島県新型コロナウイルス感染症非常事態宣言」を発しました。期間は5月15日〜31日です。コロナ病床使用率が90%に近づき、救える命が救えないほど深刻な状況となっているため、県民全体に「不要不急の外出自粛」が要請されています。

 司教団の「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」によれば、「国内において感染症の感染が拡大し、行政による緊急事態宣言や営業・移動の自粛要請が出された段階」では「会衆が参加するミサの中止(会衆が参加しないミサは行うことができる)。全ての信徒に対するミサ出席義務免除。原則として、上記のミサを除く全ての教会活動の中止」の対応を取ることになっています。
 このため、教区本部とも連絡を取り、原町教会では5月16日、23日、30日、主日の10時のミサを中止することになりました。日曜朝9時からの聖書講座も休みにします。昨年春の緊急事態宣言下に行なっていた「聖体拝領のみの式」も今年1〜2月の時同様、行いません。主日のミサにあずかるという信者の務めは引き続き免除されています。
 3主日分の『聖書と典礼』をお送りしますので、それを用いて、ミサで読まれるみことばを味わい、すべての人のため、特に新型コロナ感染症に苦しむ方々や医療従事者の方々のためにお祈りくださいますよう、お願い申し上げます。また幸田のブログや原町教会のFacebookページを使って「福音のヒント」や説教メモの配信をしますので、お役立てください。
なお、6月以降も国や県からの要請が続く場合は、改めて連絡を差し上げます。

 信者一人一人がそれぞれの場で、医療と命を守るために犠牲をささげましょう。
 この5月(マリアの月)、フランシスコ教皇は新型コロナ世界的大流行の終息を願って、ロザリオの祈りをささげるよう、呼びかけておられます。わたしたちの教会はファティマの聖母(記念日は5月13日)にささげられた聖堂ですので、特別に、各自でロザリオの祈りをささげましょう。病に苦しむ人のため、医療従事者のため、経済的に追い詰められている人々のために・・・
 皆さまの健康と新型コロナ感染拡大の終息を非公開のミサの中でお祈りしています。
 主がこの試練を乗り越えるための、信仰と希望と愛の力をわたしたちに与えてくださいますように。アーメン。